お香典返し・法要引出物

葬儀や法要は、昔からのしきたりや作法など、
細かい決まりが多く存在します。

基本的なことだけでもおさえておき、
お悔やみの心をきちんと伝えましょう。

香典返しQ&A

いつ贈る?

宗派によって異なります。
◎仏教・・・七七忌(四十九日)の法要をもって満中陰を迎え、忌が明けることから、供物、供花、香典をいただいた方全員に、無事に満中陰を迎えたお礼として品を贈ります。なお、忌中が三ヶ月に渡る場合は、切り上げで五七忌(三十五日)をもって満中陰法要を行うこともあります。
◎神式・・・一般的に50日目の霊前祭(五十日祭)をもって、仏教でいう忌明けとなりますので、その後にお礼の品を贈ります。なお仏式同様に三ヶ月に渡る場合は、切り上げて三十日祭で、よいとされています。

何を贈る?

一般的にどの家族でも使っていただけるものがよいでしょう。 (タオル・寝具・石けん・洗剤・海苔・お菓子など)
他のお返しと同じく「半返し」が一般的です。芳名帳とともに香典金のリストを作っておくと便利です。 (サービスとして香典帳整理も致します。)

オリジナル挨拶状

法要Q&A

いつ贈る?

法要をする当日一律で用意し渡します。又は当日は食事のみを用意し後日、頂いた半分を返してもよいでしょう。

何を贈る?

会場からそのまま持って帰って頂くため、かさばったり、重くないものを選ばれるとよいでしょう。

年忌法要は?

1周忌、3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、33回忌、50回忌、100回忌… それ以降は50年目ごとに法要を営みます。

オリジナル法要カード